携帯電話やパソコンの普及に伴って、ビジネスだけでなく個人でレンタルサーバーを利用する人も少なくありません。レンタルというとクレジットカードによる決済をイメージされがちですが、サーバーによっては複数の選択肢が用意されていることもあります。

今回は、レンタルサーバーのクレジット以外の決済方法の特徴や利用時の注意点についてご紹介します。

エンジニアも満足できるレンタルサーバーを紹介

デビットカード決済

いくつかある決済方法の中でも、比較的利用者が多いと言われるのがデビットカードです。デビットカードとは、預金口座と紐付けられた決済方法のことを言います。クレジットカードが後払いなのに対して、デビットカードは決済手続きと同時に指定の銀行口座から代金が支払われるのが特徴です。

クレジットとの大きな違いの一つに、契約のしやすさがあります。クレジットカードを所有するためには、契約時に金融機関が行う審査に通過しなくてはいけません。一方、デビットカードは口座さえ開設していれば事前の審査を受けることなく作ることができます。

年齢の下限は設けられていますが上限はなく、仕事の有無や月々の収入額を問われることはありません。

利用におけるメリットとデメリット

デビットカードは審査が行われないことから、金融事故の影響を受けないというメリットがあります。自己破産などの債務整理でブラックリストに掲載されているといった理由で新たなクレジットカードが作れない人でも問題ありません。

メリットが多い反面、注意すべき点もあります。その一つが、口座の残高です。デビットカードは決済手続き完了と同時に口座から代金が支払われるため、口座の残高が支払う金額より少ないと利用できません。この点が金銭的に余裕がない時でも買い物ができるクレジットカードとの大きな違いです。

利用者の中にはギリギリの残高で支払いをしたことで預金が0となり、そのまま気が付かずに休眠扱いにされるケースもあります。レンタルサーバーの決済をデビットカードにする人は、事前に口座の残高をチェックして金額に余裕を持たせておくことが大切です。

銀行振込による決済の特徴

クレジット、デビットと並ぶ代表的な支払方法の一つに銀行振込があります。銀行振込とは文字通り、自分の銀行口座から相手側が指定する口座にお金を入金する決済方法のことです。銀行振込というと、金融機関やコンビニのATMなどの直接足を運んで手続きをする時間と手間が掛かるイメージを抱く人も少なくありません。

現在は携帯電話やパソコンの普及に伴って、ネットバンクのサービスを取り入れている金融機関も増えています。ネットバンクを利用すれば直接店舗やATMに足を運ばなくても24時間好きなタイミングで支払うことが可能です。

自宅の近くにメインバンクの支店やコンビニがないという人でも不便を感じることはないでしょう。

振込を利用する時の注意点

銀行振込でもインターネットバンクを利用すれば手軽さという点に限ってはクレジット、デビット決済に引けを取りません。ただし、振込はカード決済と違って相手の口座に代金が支払われるまでに時間が掛かることがあります。

銀行の営業時間内であれば即時入金が基本となりますが、時間外の振込は翌営業日以降の手続きになってしまいますので注意が必要です。利用する金融機関が週末の営業を行っていない場合、金曜日の15時を過ぎてからの手続きは週明けの月曜日以降の振込となります。

相手の口座への入金が遅れたことで支払期限が過ぎてしまうトラブルは珍しくありません。銀行振込を利用する人は時間に余裕を持つことが基本です。デビットカードと同じように口座にお金がなければ手続きができないため、残高の確認も忘れないようにしましょう。

他の用事と同時に済ませられるコンビニ払い

需要の増加に伴って、コンビニ払いによる決済が利用できるレンタルサーバーも増えています。コンビニ払いは店内に設置されている専用の機械で支払い手続きを済ませた後、レジカウンターで清算する方法です。銀行振込のように確認ミスで別の口座に入金をしてしまうトラブルが起こる心配がありません。

相手側への通知も数時間程度で行われますので、期限当日の支払いでも安心です。24時間営業のコンビニであれば、自分の好きなタイミングで利用できる上に日用品などの買い物と一緒に済ませられる利便性も魅力になります。

ただし、この決済方法を利用するには必ずお店に足を運ばなくてはいけません。コンビニによっては決済に対応していないケースもありますので、住んでいる地域によっては不便を感じることもあるでしょう。

QRコード決済のメリット

携帯電話の普及で利用者が増えているQRコードを利用した支払いが選択できるレンタルサーバーもあります。QRコード決済はコンビニ払いと同じように店舗での支払いが基本です。事前に利用するアプリに代金をチャージして携帯電話でスキャンするという流れになります。

QRコード決済ならではの魅力の一つがポイント還元です。アプリによって若干の違いはありますが、支払金額に応じてポイントが加算されます。加算されたポイントは普段の買い物などで利用できますので、実質サーバー代金が割引されているのと同じです。

日常の買い物で利用している人にとってメリットの多い決済方法と言えます。

クレジット以外の決済を選択する時の注意事項

クレジットカード以外の決済方法で共通する注意点の一つに自動更新があります。自動更新とは文字通り、契約期間を迎えたタイミングで代金が清算されるシステムで、煩わしい決済手続きをせずに使い続けられるのが魅力です。

ただし、このサービスを利用できるのはクレジットカード決済に限られます。自分で情報を入力する銀行振込、店舗で支払うコンビニ払いはもちろん、即時決済のデビットカードでも利用できません。クレジット以外の支払い方法を選択する人はその都度手続きをしなければいけないという点は若干のデメリットです。

通常は契約期間が切れる1ヵ月ほど前にレンタルサーバーの運営会社からメールで通知が届きます。しかし、迷惑フォルダに振り分けられていたり、読み忘れのトラブルで期限が過ぎてしまうケースも少なくありません。クレジット決済以外を利用する人はレンタル期間を忘れずに覚えておくのが基本となります。

メリット、デメリットを理解しよう

レンタルサーバーの決算方法はクレジット以外にもいくつかの選択肢が用意されていますが、それぞれ特徴は違います。QRコードのようにポイント還元での実質割引など大きなメリットを得られるものも少なくありません。

クレジットカード以外の清算を選択する人はメリットだけでなく、デメリットについてもしっかりと把握した上で決める必要があるでしょう。

プロバイダとレンタルサーバーの違いを知ってウェブサイトを公開しよう