サイトを作る時に必要となるのがサーバーです。レンタルサーバー各社は時代のニーズに沿って、どんどんディスク容量の大きなプランを充実させています。個人向けプランとしては、ディスク容量500GBまで対応している会社が多いです。

この記事では、500GBのような大容量プランを検討している方のために、各社の料金や選ぶポイントなどをご紹介していきます。

レンタルサーバーのプランごとに設定されているディスク容量を徹底解説

ディスク容量500GBが必要になる場合とは

まず、ディスク容量500GBが必要になる場合というのは、比較的大規模なサイトや多数のサイトを運用するケースが考えられます。例えば、個人ブログとして使う場合には、あまり選ばれることのない容量です。基本的に個人事業、もしくは法人が使うレベルの容量だと言えます。

大規模サイトはページ数が非常に多いため、相応の容量が必要になるでしょう。Webベージにはテキストのほか画像などもよく使用されますので各種データを保管しておく、いわば「倉庫」が必要です。データの数や種類が多い場合、きちんと格納するためにはより広い倉庫が必要でしょう。

この倉庫の広さはB(バイト・Byte)というデータ量の単位で確認できます。例えば、1GBの大きさを説明すると、800万画素の画像が200枚程度に当たります。画像を多く使用するサイトであれば、10GBなどの低容量サーバーだと少し厳しい面があるでしょう。

多くの場合、低料金でも100GBを超えるプランが各社から用意されています。100GBを超えてくると、画像をいくら載せてもなかなかいっぱいにならないというレベルです。個人であればいっぱいになる恐れは少ないでしょうが、1人でいくつものサイトを運用するのであれば話は変わります。

レンタルサーバーでは、一般的に1つのサイトにつき1つのサーバーという使われ方はしていません。レンタルサーバーに「ドメイン」を置くことで、そこにデータを置いてサイト表示ができます。サイトをいくつも運営するのであれば、サイト自体の基本データだけで多くの容量が必要になるでしょう。

そのため、余裕を持った容量プランを選ぶ必要が出てきます。

ディスク容量500GBのプラン料金の相場は?

有名なレンタルサーバー会社であれば、500GBのプランは月額3,000~5,000円で提供している場合が多いです。

例えば、国内で最も利用者の多いエックスサーバーだと、ビジネスプランがちょうど500GBで月額3,960円~です。かつてはX30プランといい、プラン名が変わるまでは400GBで提供していました。

どの会社もニーズの増大や技術的な進歩のため、どんどん容量が大きくなってきている傾向があります。なお、名前にビジネスと付いていますが、これは法人(ビジネス)向けプランではありません。法人向けプランは別にあります。

やはり、個人使用としては「500GBが最高レベル」と位置付けていることがここから見て取れます。

ディスク容量500GBのプランが一番安いのはどこ?

有名なレンタルサーバー会社の中で、ディスク容量500GBプランを用意している代表的なところを見ていきましょう。まず、スターサーバー(エンタープライズプラン)は月額2,090円~です。次点で安いのはConoHa WING(プレミアムプラン)で3,850円~となっています。

前述したエックスサーバー(ビジネスプラン)は3,960円~で、さくらのレンタルサーバ(ビジネスプロプラン)は4,714円~です。wpX Speed(W4プラン)は11,000円~となっています。wpX Speedの料金に関しては「上限表示」ですので、かなり特殊な料金体系だと言えます。

通常、多くの会社では最も安い条件での月額が表示されています。支払い方法や契約期間によって、料金が少しだけ安くなったり高くなったりします。ただ、wpX Speedはサーバーの使用の度合いによって料金が変動してきます。

W4プランであれば、アクセスがあった時のみ毎時17.6円がかかります。その上限が月額11,000円ということです。アクセスが少ないのであれば、500GBプランで最も安いのはwpX Speedということになります。

一般的な料金体系であれば、スターサーバーが最も安いです。

レンタルサーバーをビジネスで利用する時のコツ!種類や業者選びの比較ポイント

ディスク容量がいっぱいになったら増やせる?

ディスク容量500GBを使い切ってしまった場合、上位プランに変更することで容量問題を解決できます。プラン変更したとしてもレンタルサーバー会社が同じなら、特別に難しい移行作業などは必要ありません。ただし、スターサーバーなどは500GBより上のプランは用意されていませんので、注意が必要です。

前述した会社の中でさらなる上位プランがあるのは、さくらのレンタルサーバとエックスサーバーです。さくらのレンタルサーバのマネージドサーバプランは700GBが使えます。月の料金は13,200円とジャンプアップしてしまいますが、とりあえずの容量不足は回避できるでしょう。

エックスサーバーの場合はマネージド専用エントリープランが1TBで、月料金29,700円です。こちらは1TBという大台の大容量ですので、容量切れになってしまう恐れがかなり小さくなります。

ただし、どちらの会社も法人向けプランでの提供ですから、基本的に法人に特化したサービスや機能となっています。その点についてはよく注意しましょう。もし他の会社のサーバーに移行する場合は、「ドメイン・データ・データベース」などの移行作業が必要になります。

それぞれの会社のマニュアルに沿って作業を確実に進めましょう。

500GBものデータがあれば、移行に時間がかかりそうにも思えるでしょう。

しかし、基本的にデータを「コピー」して移すため、サイト非表示時間を短くすることができます。後々さらに上位プランでもデータが足りなくなるような恐れがあれば、より大きなディスク容量を持つプランを前もって選んでおくのがいいでしょう。

cronを使うことを考えてレンタルサーバーを選ぼう

レンタルサーバーのSSDとHDDの違いは?

レンタルサーバーにおいて、データを保存するためのディスクには2つの種類があります。それがSSDとHDDですが、基本的に「SSDの方が速い」と覚えておけば問題ありません。SDDは「物理的に回転しないディスク」ですので、発熱も少なく内部の処理が軽快という特徴があります。従来はHDDが用いられてきましたが、より処理速度が速くなるSSDを搭載する会社が増えてきました。先ほどご紹介した5つの会社はすべてSSDに対応しています。(さくらのレンタルサーバは法人プランのみ対応)

処理速度が速くなるとサイト表示が軽快になるため、訪問者が快適に感じるという強みがあります。できるだけ速い方がサイト満足度も高まりますし、サイト運営者にとって悪いことではありません。ディスク容量だけにこだわるならHDDでも問題ないですが、訪問者にとってよりよいサイト作りを目指す方はSDDについても考慮しておくといいでしょう。

サイト規模に応じたプランを選択しよう

個人サイトであれば、基本的にディスク容量500GBを使い切ってしまう場合は少ないです。ただし、画像や動画の使用が多かったり、たくさんのサイトを運用するのであれば、時にはもっと上位のプランに移行する必要もあるでしょう。

ディスク容量によって料金は大きく変わりますので、損の無いように自身のサイト規模に応じたプランを見極めていくことが大切です。