レンタルサーバーと一口に言っても種類は様々あり、運営会社も多数あります。どんなサーバーがあるのか、どうやって業者を選べばいいのか、初心者の方は何から調べればよいか分からないと困っている方もいるでしょう。

こちらでは、これからビジネス向けにレンタルサーバーを契約しようと検討している方に、サーバーの種類や業者選びの比較ポイントをご紹介していきます。

エンジニアも満足できるレンタルサーバーを紹介

レンタルサーバーをビジネス利用で契約する時は種類を比較して選ぶ

企業や店舗の顔になる自社のホームページやネットショップを開設する上で、必要となるのがレンタルサーバーです。そんなレンタルサーバーというのは、サービスを提供する運営業者のサーバー(コンピューター)を借りることです。

自社でサーバーを運営するときは、コンピューターでイチから初期設定から保守管理、セキュリティ対策など様々なシステムを構築し、持続的に管理していくことが必要です。しかし、レンタルサーバーの運営会社では、このようなすべての業務を任せることができます。

他の仕事の業務に差し支えることもあるため、自力でサーバーを運営していくのは難しい場合もあるでしょう。そんなときに、ビジネス向けのレンタルサーバーを借りることを考える企業や店舗は多いです。レンタルサーバーは大きく分けて2つの種類あり、それぞれ特徴が異なります。

ビジネス利用のために契約しようと考えている時は、2つの種類の特徴の理解を深め、よく比較しながら検討することが大切です。レンタルサーバーの種類によって、自社のビジネスや目的に合う・合わないはあります。失敗のないように、「自社にとって最適なレンタルサーバーはどのタイプか」ということを重視して選ぶようにしましょう。

レンタルサーバーの種類の特徴!共有サーバーと専用サーバー

共用サーバーは、1つのWEBサーバーを複数のクライアントと共有して使用するレンタルサーバーのビジネス利用向けのタイプです。専門知識が要らないほど簡単に操作できるため、気軽に利用することが可能です。料金が比較的安く、月額数千円で契約できるレンタルサーバーもあり、コストパフォーマンスが良いです。

WEBサーバーを他社のクライアントとシェアして利用するため、他社のサイトで急にアクセス数が上昇した時には自社のホームページがアクセスしづらくなったりと、他社のサイトの影響を受けることもあります。そのため、規模の小さなホームページなどを作成したいときに向いています。

専用サーバーは共用サーバーとは違って、WEBサーバーを独占して使うタイプです。ビジネス利用向けに大規模なネットショップやSNSサイト、ホームページを運営したいときに最適です。OSやアプリケーションなど、自由にシステム環境をカスタマイズできます。

ただし、1つのWEBサーバーを占有できることや性能が充実していることから、共有サーバーよりも費用は高くなります。月額数万円程度の料金がかかるものの、サーバー環境が安定しているため、顧客の利便性が良くなりますし、企業や店舗の信頼性も高くなるでしょう。

レンタルサーバーの契約後にサーバーの種類を変更するのは難しい場合もありますので、しっかり比較しながら決めましょう。

業者選びのポイントその①セキュリティー対策を比較

自社や店舗のホームページやネットショップ、SNSサイトなどを運営する際、顧客の大事な個人情報を取り扱うことも多いでしょう。もしも利用客の個人情報漏洩等のトラブルが起きれば、ビジネスの信頼性も大きく失ってしまうことになります。

一度失ってしまった信用を取り戻すのは、決して簡単なことではありません。そのため、複数のレンタルサーバーの運営業者の中から1つに絞る時は、安全なWEBサイトの運営が実現できるように、セキュリティー対策が万全な業者かということをよく比較しながら選ぶのがコツです。

レンタルサーバーの業者でよく取り入れられているセキュリティー対策の機能が、インターネット上の通信を暗号化するSSL証明書です。

個人情報のデータの盗聴や改ざんを防ぐ技術になります。WEBサイトの信頼性を高める上で重要なセキュリティー対策になります。そして、IDSとIPSのセキュリティーシステムが実装されているかという点も比較ポイントになります。

IDSとは不正侵入検知システムのことで、IPSは不正侵入防止システムのことを指します。このようなセキュリティー対策がされていれば、外部から不正アクセスがあった時に検知して管理者に知らせてくれたり、検知後に不正アクセスを遮断することも可能です。

DoS攻撃やDDoS攻撃と言われる大量の不正アクセスや重たいデータを送付されるといった攻撃を受けると、サーバーに負荷がかかってダウンしてしまうことがあります。IDSとIPSのシステムは、こういった大きなトラブルを未然に防ぐ役割があります。

その他にも、Web改ざん通知のセキュリティーの機能があるかという点もチェックしておくと良いでしょう。ある日突然、企業や店舗のホームページやネットショップがウイルス攻撃を受けて、改ざんされてしまうことがあります。

代表的なのが、マルウェアの埋め込みやフォームを改ざんされるなどです。このような見た目ではウイルスが発生しているかどうかの判断がつきにくい場所を攻撃されるケースもあります。そのため、WEB改ざん通知のサービスを提供しているレンタルサーバーの業者を選ぶと、サイトが被害に遭ったときに素早く通知してもらえるため、スムーズに修復することができます。

不正アクセスやウイルス攻撃を受けると、ホームページやネットショップが復旧するのに時間がかかりますし、顧客がサイトを安心して利用することができなくなってしまいます。セキュリティーレベルを上げれば費用は高くなりますが、自社のWEBサイトを円滑に運営し大事な顧客の個人情報を守るためにも、セキュリティー面も重視してレンタルサーバーの業者を比較検討しましょう。

業者選びのポイントその②サポート体制を比較

レンタルサーバーをビジネス利用のために契約しようと考えているなら、サポート体制の充実度も業者選びの要素の一つです。業者によってサポートサービスに違いはありますので、比較しておきたいポイントになります。企業や店舗のホームページやネットショップに何かトラブルがあった時、運用面で気になることがある際に24時間365日問い合わせができる業者はとても利便性が良いです。

レンタルサーバーの業者により、営業時間が決まっているところもあります。

営業時間の幅が広いとすぐに対応してもらえたり、問題解決までがスピーディーです。

プロバイダとレンタルサーバーの違いを知ってウェブサイトを公開しよう

業者選びのポイントその③価格を比較

レンタルサーバーの業者を決める時に大切なポイントの3つ目は、費用面です。同じサービス内容であっても、月額に差が出ることがあります。そして、業者によって初期費用がかかるところもあれば、無料という業者もあります。

そのため、毎月支払う額や初期費用はどのくらいかかるのかという点を踏まえて、ビジネス向けのレンタルサーバーの各業者の費用を比較しておきましょう。

比較するべきポイントを押さえよう

レンタルサーバーは、自社のホームページやECサイトを作成する際に欠かせない、ビジネスをサポートしてくれる運営システムです。特色の異なる共有サーバーと専用サーバーか迷った時は、どちらが自社に向いたタイプなのかを慎重に比較して決めることが大事です。

多数ある業者選びのポイントは、セキュリティー面やサポート面、費用面を比較して決めるとよいでしょう。