最安でレンタルサーバーを利用する場合の最大のメリットが、レンタルサーバーにかかる費用を抑えられるという点です。しかし、費用が安く済む一方で、最安のレンタルサーバーを選ぶ場合ならではのデメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を考慮した上で、どのようなレンタルサーバーを利用するか検討していきましょう。ここでは、どのようなメリットとデメリットがあるか見ていきます。

エンジニアも満足できるレンタルサーバーを紹介

レンタルサーバーにはさまざまな選択肢がある

レンタルサーバーを利用したいという場合、どのような業者のサービスを利用するか検討する必要があります。利用する業者やレンタルサーバーの種類によって、料金やサーバーの機能などさまざまな点に違いが見られます。

状況にあったレンタルサーバーを借りるためには、サービスごとにどのような違いがあるのか把握することが大切です。同じレンタルサーバーでも、料金は数百円で利用できるものから、月額1,000円以上必要なサービスまであります。

格安のレンタルサーバーなら費用が安く済む

レンタルサーバーを利用するのであれば、最安であることを優先したいという方もいるでしょう。

最安のレンタルサーバーを選ぶメリットが、初期費用やランニングコストなどが抑えられるという点です。従業員の人数が少なく小規模なホームページを作るような場合であれば、最低限の費用のものを使うことで大きく経費を抑えることが可能です。

月々数百円の違いでも、長い期間で考えると大きな負担となることもあります。少しでも経費を抑えたいなら、安さを優先してレンタルサーバーを選ぶのも1つの手です。

プロバイダとレンタルサーバーの違いを知ってウェブサイトを公開しよう

安いサービスは不必要なオプションがない

安いレンタルサーバーを選ぶメリットには、余計な機能がついていないという点も挙げられます。必要最低限の機能さえついていれば問題ないという方であれば、最安のレンタルサーバーを探す価値があります。また、余計な機能がついていないことは、シンプルで使いやすいというメリットにもつながります。

機能が多くても使いこなせない、もしくは使いにくい場合には不便だと感じることもあるでしょう。シンプルかつ低料金という良さを活かして使いましょう。

サポートに対応してもらえる時間が限られる

安いレンタルサーバーを利用したい場合、いくつか注意が必要なデメリットも存在しています。そのデメリットの1つが、サポートに対応してもらえる時間が限られるという点です。料金設定が高めのレンタルサーバーの中には、24時間対応でサポートを行っていることもあります。

24時間対応であれば、サーバーを使っていて困ったことがあったとき、時間や曜日に関わらず気軽に相談できます。しかし、サポート体制に制限がある料金が安いレンタルサーバーの場合は、問い合わせに時間がかかるケースがありますので注意しましょう。

サポートの方法の確認も忘れずに

安いレンタルサーバーの場合、サポートの方法が限られるケースも見られます。特に電話によるサポートは、費用が安い業者は行っていないケースが多いですので注意しましょう。メールやチャットのみの対応で、メールの場合は返信に時間がかかる場合もあります。

問い合わせをしない、わからないことがあっても自分で調べられる方であれば、サポート体制が整っていなくても問題なく利用できるでしょう。ですが、サポートを頻繁に利用する可能性がある方は、電話によるサポートの有無や対応にかかる時間などの点を確認しておくことが大切です。

容量などのスペックに注意する

安さだけでレンタルサーバーを選んでしまうと、必要なスペックを満たしていないということもあります。ホームページのデータやメールの送受信において、サーバーの容量は大切な要素です。小規模なホームページなら少ない容量でも問題なく利用できますが、写真をホームページに多く掲載したいなどの場合には、ある程度の容量のサーバーを利用する必要があります。

実際にどのようなホームページを作りたいのかなどのポイントに合わせて、必要なサーバー容量とレンタルサーバーの金額の問題を考えていきましょう。

マルチドメインには非対応となる

安いレンタルサーバーの場合、マルチドメインには非対応というケースが多くなっています。1つのレンタルサーバーの中で複数のドメインを運用できるマルチドメインの機能がない場合、複数のドメインが欲しい場合には2つ目のレンタルサーバーを契約する必要が出てきます。

中小企業や個人事業主であれば、1つのドメインでも問題なく対応できます。しかし、ある程度規模が大きい企業や複数のホームページを作りたい場合には、ドメインがいくつか必要です。ドメインがいくつか必要というケースであれば、マルチドメインに対応しているのかという点を踏まえて利用するレンタルサーバーを選びましょう。

メール機能がついているか確認して選ぼう

レンタルサーバーで注目する機能の1つが、メールの送受信です。ですが、金額が安いレンタルサーバーの中にはホームページの機能だけで、メール機能がないケースも見られます。安さだけでレンタルサーバーを選んでしまうと、メール機能がなくて不便に感じることもあるでしょう。

必要ないと考えていても、メール機能があると業務の効率化につながる可能性もあります。メールアドレスの数はレンタルサーバーによって異なりますので、必要なアドレスの数に対応しているか確認して選ぶことが大切です。

機能を追加したい場合にかかる料金を知ろう

格安のレンタルサーバーを選びたいものの、必要最低限の機能だと欲しい機能がなくて料金が高いレンタルサーバーを利用するか迷っているという方もいるでしょう。そのような場合であれば、オプションで追加の機能がプラスできないかチェックするのも1つの手です。

オプションで機能を追加する場合にかかる料金と他のプランを利用した場合の料金を比較して、少しでも安く利用できるレンタルサーバーを選びましょう。

レンタルサーバーをビジネスで利用する時のコツ!種類や業者選びの比較ポイント

評判も参考に安心して利用できるレンタルサーバーを選ぼう

格安という条件に絞ってレンタルサーバーを選ぶ場合でも、多くの候補が存在します。

利用できるレンタルサーバーの候補が多くて迷ったときには、評判を参考に選ぶのも1つの手です。利用者からの評判で、サーバーのスペックや通信速度に問題がないかなど、使っている方が感じている情報を集めましょう。

実際に利用している方の意見と料金などを照らし合わせて、コストパフォーマンスが高いサーバーを選ぶことが大切です。

安くて安心して利用できるレンタルサーバーを選ぼう

格安のレンタルサーバーは安く利用できるなどのメリットがあるものの、機能が最低限なことから必要な機能が揃っていないため、不便だと感じる方もいます。必要な機能があるかどうか確認したい上で、どのような格安のレンタルサーバーを利用するか検討しましょう。

また、格安のレンタルサーバーはサポート体制が不十分なケースもありますので注意が必要です。